FD宣言・KPI

「お客さま本位の業務運営に関する基本方針」

創業当初より当社では企業理念である「徹底的に職務遂行します」を掲げ、保険サービスの永続的ご提供を通じて皆様に信頼と安心をお届けします。

有限会社タカハシ事務所は2003年2月に法人化し、損害保険・生命保険の代理店として、お客さまのライフスタイルに合った保険商品のご提案を行っております。お客さまにとって真の利益となるように、「顧客本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)」宣言を公表し、お客さまにとって最善の利益となるサービスの提供に邁進する所存です。

有限会社タカハシ事務所はこれからもより一層お客さまからご満足いただけるよう、全従業員一丸となって努力してまいります。


==具体的な取り組み==

・タカハシ事務所は、創意と工夫を活かし、お客さまのご意向や金融知識・取引経験、ライフプラン等に基づき、適切な商品・サービスを提供いたします。

・金融知識・取引経験の浅いお客さまやご高齢のお客さまへは、より丁寧なご説明を行います。特に、ご高齢のお客さまに対しては、ご家族等も含めてご理解いただけるようご説明を行います。

・保険環境の変化や、ご提供した商品の改定状況のご説明など、適切なアフターフォローを行います。

・お客さま本位の業務運営を実践するため、高度かつお客さまにとってふさわしい金融サービスの提供ができる人材を育成するべく、社内研修の充実や資格取得の推進等を行います。

・お客さまを徹底的にサポートすることを目的とした業績評価体系を構築するとともに、社員の評価への適切な反映を行います。

・お客さまの利益を不当に害することのないよう、お客さまとの取引に伴う利益相反の管理を徹底します。

・集合研修やeラーニングシステムを用いて、役職員に対して定期的にコンプライアンス研修を実施しています。

・コンプライアンス部門(責任者:代表取締役)による法令遵守体制の構築を行っていきます。お客さまから頂いた不満足の声は、コンプライアンス部門により収集・管理・分析を行い当事者へ速やかにフィードバックを行います。頂いた「お客さまの声」は社内で一括管理され、業務品質向上のために様々な部署へ連携し改善を図ります。

・コンプライアンス部門により営業活動のモニタリングを行い、契約後の確認電話、営業管理システムの入力確認等の取り組みを行います。モニタリング結果は定例で全従業員に報告致します。

2022年度 有限会社タカハシ事務所 KPI

〈対象期間:2022年4月~2023年3月〉


お客さま本位の業務運営方針の具体的な取組み状況を図るものとして、以下の指標[KPI※]を設定いたしました。
毎月進捗状況の確認を行い、年度単位でのご報告をしてまいります。

• お客さまの生活様式の変化や決済方法の多様化を踏まえ:キャッシュレス・ペーパーレス払率:50%
• お客さまの無保険・無車検をなくすために:自動車保険に対する自賠責保険の付帯率50%
• お客さまと正しく向き合い、正確な情報を提供するために:コンプライアンス研修、年12回開催


※KPI(Key Performance Imdicator:重要業績評価指標のことです)
当社では、常に「お客さま本位の業務運営」を行うために、定期的に「業務運営方針」ならびに「KPI」を見直してまいります。

お問い合わせ